野菜不足の解消にサプリが効く!手軽に飲めるのはこれ

野菜不足の解消に効くサプリはこれだ!

 

サプリ以外に野菜ジュースはどうなの?

 

 

野菜が苦手な人にとって、とても助かるのが「野菜ジュース」です。健康のために、毎日飲んでいるという人もいるでしょう。厚生労働省が推奨している野菜の量は、1日350gとしており、この量の野菜を食べようとすると、かなりの量の野菜を食べなくてはなりません。しかし、野菜ジュースにすれば、不足している分を補うことができます。

 

そこで、野菜ジュースの効果ですが、どのくらい野菜不足を補うことができるのでしょうか。コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで売られている野菜ジュースは、確かに野菜の成分が使われており、野菜の汁が100%使われていなければ、野菜ジュースと表示することができません。また、野菜の汁が50%以上のものは「野菜ミックスジュース」と表示されます。

 

ですから、野菜を食べているのと、ほとんど変わらないような印象を受けますが、実は、野菜ジュースを作る過程で、本来野菜が含んでいる食物繊維の量が減ってしまい、ミネラルや鉄分は3分の1程度になっているのです。また、消費期限までにビタミンCや食物繊維などの成分が劣化していってしまうのです。

 

このようなことから、野菜を食べるよりは栄養価が少なくなってしまっているのが実情です。では、野菜ジュースを飲むのは意味のないことか、というとそうではありません。野菜が苦手でたくさん食べられない、1回の食事でたくさん食べられない人にとっては、まったく野菜ジュースを飲まないよりは、飲んだ方が栄養の補給になります。飲んでも意味がないと考えず、食べられない分の野菜を補給するつもりで、飲み続けるのはよいことです。

 

子どもの野菜嫌いの対策は?

 

 

子供の味覚は、離乳食でどのようなものを食べるかによって違ってくるでしょう。小さいときから、好き嫌いをしないで何でも食べられるようにしたいものです。しかし、親の気持ちとは反対に、子供の味覚が完成してくると、野菜を嫌いといって、食べなくなることがあります。特に、後味が苦いピーマンや独特の味がする人参などを嫌う子供が多いでしょう。嫌いな野菜を食べさせるのは、とても難しいときがありますが、何とか食べられるようになって欲しいと思うのが、親心でしょう。

 

子供が、味が苦いといって、ピーマンを食べないときは、油で揚げてしまうと苦味がなくなります。しかし、いつもピーマンを揚げ物にして食べさせるのは、脂質の取りすぎになってしまうので、使う油をごま油やオリーブオイルなどにして、油で揚げるとよいでしょう。また、細かくみじん切りにして、ハンバーグの具にしたり、スープの具にしたりすると、他の具材の味がするので、苦味をあまり感じさせずに食べさせることができるでしょう。

 

子供は、ピーマンをはじめて食べたとき、苦味を感じてしまったために、ピーマンを見ただけで、苦いから食べたくない、と反応してしまうでしょう。ですから、まずは、ピーマンの見た目を変えるとよいでしょう。見た目が変わると、ピーマンという意識がなくなって、食べられるようになるかもしれません。

 

ですから、ハンバーグの具に混ぜてしまったり、餃子の皮で包んでしまったりすると、ピーマンの存在に気づかずに食べてしまうかもしれません。一度、食べてしまえば、苦手意識がなくなり、ピーマンを見ても嫌がらずに食べるようになるでしょう。

 

また、子どもの野菜不足の対策に野菜ジュース・青汁・サプリなども効果的でしょう。参考:野菜不足を補うサプリランキング実力版

 

番外編:野菜作りの道具

 

野菜作りの計画を立てたら、道具を揃える必要があります。畑の大きさなどにもよりますが、クワは必要になります。土を耕したり、土寄せをしたりするのに欠かせない道具です。ホームセンターなどで、さまざまなものが販売されていますが、大きさや重さ、柄の長さなど、自分が使い勝手のよいものを選ぶようにしましょう。大きすぎたり、重すぎたりすると、長時間の作業に不向きですし、小さすぎたり、軽すぎたりしても、作業効率が悪くなります。

 

自分が振り上げたときや振り下ろしたときに、丁度よいものを選びましょう。次は、三角ホーというもので、土寄せをしたところを馴らして平らにしたり、種まき用の溝を作ったりするときにとても便利です。スコップも必要になります。大きさや重さはクワを選んだときと同じような基準で選ぶとよいでしょう。スコップは、肥料を土に混ぜるときや穴を垂直に掘るときなどに役立ちます。小さなスコップもあると便利です。苗を植えるときなど、手元の作業をするときにあると便利です。

 

野菜の種や苗を植えたときには、たっぷりと水遣りを知るので、ジョウロが必要になります。ジョウロは、水遣り用と薬剤用の2つ用意しておくとよいかも知れません。水遣りには、散水ホースを用意してもよいです。

 

野菜を植えて、しばらくすると害虫駆除や液体肥料をまくことがありますが、このときは、噴霧器があるととても便利です。たくさんの量を広範囲にまくことが出来ます。

 

このほかには、肥料を測る軽量カップや計量器、園芸用のハサミ、手袋、支柱、紐などがあると便利でしょう。野菜作りを始めると、いろいろな道具があると便利なのですが、不必要なものまで買う必要はありません。必要なときに必要なものを購入すればよいでしょう。

 

肝斑は痛みもかゆみも無い

 

肝斑はシミのひとつであり、肌トラブルのひとつには間違いないのですが、他の肌トラブルのようなかゆみや痛みが生じることはまずありません。もしも肝斑に似たような症状や広がり方で、痛みやかゆみが生じている場合は別の皮膚疾患の疑いがありますので、皮膚科で診断してもらうのが良いでしょう。

 

痛みもかゆみも無いとは言いますが、顔にできれば気分が良いものではありませんので、何とか治したいと思うものです。皮膚科に行けば内服薬を処方されますが、最低でも一ヶ月前後は服用を続ける必要があり、時間がかかってしまいます。

 

そういった時間をかけたくないという人はやはり薬品や外科手術によって外側からひとまず症状だけでも治していくということになりますが、そういった治療法の場合はどうしても痛みやかゆみなどとは無縁とはいきません。痛みもかゆみも無いものを治すために痛みやかゆみを生じるようにするというのは、何かナンセンスな感じもしますが、仕方ないところです。

 

肝斑を放っておくことで合併症が生じるとか、そういったものは無いので、ある程度シミが目立たなくなればいい、という人であれば内服薬でコツコツ治療したり、メイクで隠したり、放っておくということもできますが、あまりにもシミが濃くて無視できない場合にはそういった刺激のある治療法も覚悟が必要でしょう。基本的に肝斑の治療は保険適用外となることがほとんどですから、それなりの出費は覚悟する必要があります。

 

肝斑は自力での治療はほぼ不可能とされていますから、美しさのためには仕方ない、ということになるかもしれません。できれば普段から肝斑 サプリを使ったり、生活習慣を整えて悪化しないように注意しましょう。

総コレステロール値の異常は問題なのか

コレステロールには、総コレステロールと善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールがあります。これらのうち、総コレステロールと悪玉コレステロールの数値が高いと、脂質異常としてコレステロール値が高いと判断されます。

 

普段の生活で食事の取り方に気を配り、飲酒も好んで飲むほどではないのに、総コレステロール値は高いと指導される場合があります。日常生活の中で、健康に気を配っているのに、総コレステロールが高いと、指導されれば「なぜだろう」と首を傾げてしまうでしょう。しかし、コレステロールの数値は血液検査の結果となるので、やはり、指導された項目については、対策を考えなければなりません。

 

総コレステロールは、検査結果の善玉コレステロールと悪玉コレステロールを単純に足した数値ではありません。ですから、健康診断で出た善玉コレステロールと悪玉コレステロールの数値をあわせても、総コレステロールの数値にはなりません。

 

総コレステロールの数値は、血液を100ml採取し、その中に含まれるコレステロールを善玉、悪玉を分類せずに含まれている数値を表すものです。この段階では、善玉コレステロールが多いのか、悪玉コレステロールが多いのかわかりません。このことから、総コレステロールの数値だけで、健康にどのくらい影響があるかわからないのです。

 

総コレステロールの正常値は220mg/dl未満とされていますが、それ以上の数値であった場合は、善玉と悪玉のどちらかが高いことがわかります。そのため、健康診断で総コレステロールが高い場合は、再検査などの処置をするように指導されるのです。総コレステロール値が高くても、善玉と悪玉コレステロールの比率を計算して、善玉コレステロールの方が多ければ、あまり問題ではありません

 

コレステロールの数値が高いのは、健康によくないという認識をしている人が多いですが、体の組織を生成するために必要な物質です。ですから、数値が低すぎても体に影響を与えます。

 

参考:コレステロール下げるサプリランキング

更新履歴