トップページ > 冷え性のときに飲みたい水

冷え性のときに飲みたい水

冷え性のときに飲みたい水

女性の多くは冬になると冷え症に困っていると思います。冷え性の詳しいメカニズムはあまり解明されていませんが、いわゆる体の血行が悪くなることで、体のすみずみに血液が行き届かなくなり、血管が萎縮してしまう症状のことです。

 

どうして冷え性になってしまうのか、原因は本当に人それぞれです。

 

まず挙げられるのは、体を冷やすものを体内に摂取することです。冷たい食べ物や飲み物などが該当します。真夏に長時間エアコンに当たるのも、体を冷やすので良くありませんし、運動不足によって新陳代謝が低下するのが原因となる場合もあります。

 

いまや冷え性の人にお勧めな対策グッズや体を温める食べ物などが多く市場に出回っていますが、ここでは冷え性に良いとされる水をご紹介したいと思います。

 

水といいますと逆に体を冷やしてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、実は水の中でも冷え性に効果的なものがあるのです。

 

それはただの水ではなく、炭酸水です。

 

炭酸水と言いますと、糖分が入ったものを連想しがちですが、そうではなく水の中に二酸化炭素が溶け込んだだけの、純粋な炭酸水のことを指します。

 

それともなければ、ミネラルウォーターの中に炭酸が含まれているものでも構いません。

 

しかしなぜ、炭酸水が冷え性対策にお薦めなのかというと、上記で述べたように炭酸水とは水の中に二酸化炭素を多く含んでいるので、炭酸水を飲むことで二酸化炭素を体内に送り込むことができるのです。

 

本来人の体は一定量以上の二酸化炭素を必要としないので、酸素を多く吸収したのちに作りだされた二酸化炭素は、すぐに外に排出するよう脳が働きかけます。

 

炭酸水を飲むと体内に二酸化炭素が増えるため、余分な量をはき出し、再び酸素を沢山取り込もうとするので、血管内の血流が活発になります。

 

すると血行が良くなり、体中に血流が行きわたるので、体の冷えが緩和するというわけです。

 

だからと言って、ただ炭酸水を飲むだけで冷え性が改善するわけでは勿論ありません。

 

冷え性改善の近道は、まず体を温めることからですから、日ごろから適度な運動などを心がけ、血行を良くするよう働きかけながら炭酸水を飲めば、より効果が発揮されるでしょう。